青汁の原価はどういう構成なの?「影響が大きい項目は3つ」

青汁に限らず、サプリメントの原価って気になりますよね?

そこで、商品開発の元プロがざっくりと原価をわかりやすく紹介します。

青汁の原価に大きく影響するポイントは3つです。

原価に大きく影響するポイントは2つ
  • 1包の内容量
  • 1箱の入り数
  • 青汁素材の産地

青汁の原価に大きく影響するポイント

青汁の原価にがいろいろな項目がありますが、特に影響するのが1箱にどれだけの量の青汁が入っているか?です。

① 1包の内容量

基本的には、青汁は個包装になっており、スティック型の形状で1箱に何包か入っています。

左:10g入り
真ん中・右:約3g入り

量が多くなればなるほど、左のように横長になり、一般的なサイズ3g入りで、真ん中・右のような細長い形状になります。

これを見ただけで、左と右側の2商品を比べたら、左の商品の方が価格が高くなることがわかると思います。
※画像は商品が異なりますので、同一条件ではありませんが、仮に同じ青汁素材が入っていると仮定。

②1箱の入り数

次に1箱に何包入っているか?です。

 

 

画像の商品は1包に3gと同じ内容量ですが、入り数が90包:30包で3倍もの差があります。
そのため、箱の大きさを見るだけで大きさの違いがわかると思います。

③産地の価格差

次に価格に影響しやすい項目が、「国産」or「中国産」の違いです。

仮に同じ大麦若葉で考えると、原料価格ベースで「国産」の方が1.5倍以上高くなります
※場合によっては2倍の差が出ることもあります。

商品価格全体で考えると、1.5倍未満の価格差に縮まりますが、900円→1,200円の違いだと大きな差になります。

まとめ

他にも青汁の原価に影響する項目はたくさんありますが、一番わかりやすいものを3つ紹介しました。

商品によって全く異なりますが、だいたい販売価格の10~20%前後が商品原価(広告費や販売費などは除く)になります。

他にも価格に影響する項目は下記の通りです。

      • 製造量(大量生産は安く製造できる)
      • 機能性表示食品の取得
      • 有機JASの取得
      • トクホの取得
      • パッケージのデザイン
      • 販売ルート

青汁は安いもので約1,000円、高いもので5,000円ほどと価格差が大きいジャンルのサプリです。

無駄に高いものを買う必要はありませんが、「1包の内容量」「1箱の入り数」「青汁素材の産地」最低限、この3つの項目を比較してみて下さいね。