健康道場 粉末青汁(サンスター)はサラダ100g相当

「青汁なんて飲んでも意味がないよ?だって栄養が無いんだもん」

と、友人から言われたことがある人がいるかもしれません。

サプリ業界人の僕の意見では、「栄養が無いは誤解」。
正しくは「製造工程で減少している栄養素がある」です。

今回は、「栄養が無い」と誤解される「製造工程」について解説をします。

一般的な製造工程

収穫→洗浄→乾燥→粗粉砕→殺菌→最終粉砕

工程の中で注目すべきポイントは「乾燥」と「殺菌」です。
両方とも「熱」が加えられます。

ここで高温の熱を加えるとにより「栄養が無くなる」、と誤解されやすいです。

乾燥の温度と時間

乾燥の方法は、加工メーカーにより、使用する機械や温度、時間が異なります。

例えば、ドラム乾燥機で「80~90℃」を「1時間」という工程があるとします。

洗濯物を想像してもらえるとわかりやすいのですが、実際に服自体の温度が「80~90℃」になりますか?

ならないですよね。

専門用語では、「品温」などと表現しますが、乾燥機の中が90℃になったとしても、青汁の原料自体は、「90℃にならない」。

乾燥機内の温度が90℃だとしても、実際の品温はもっと低くて、40~50℃程度だと思います。

でも熱が加えられていることは事実のため、栄養のロスがあることに間違いはありません。

殺菌の温度と時間

殺菌方法もいくつ種類がありますが、よく利用されている蒸気殺菌を例にします。

菌の数を極力減らすために、短時間で高温処理します。

「例:200℃、5秒」

この温度と時間は、機械やメーカーのノウハウにより、数字が変化します。

短時間とはいえ、高温の熱が加わるため、ここでも栄養素の減少の可能性はあります。

「栄養がない」についての誤解

熱を加えると栄養が減少することは事実です。

ただし完全に栄養が無くなるわけではなく、「減少する」という表現が正しい。

栄養素によって減少する率は大きく変わりますが、食物繊維は除去しない限り、ほとんどロスはありません。

実際にどの栄養がどの程度減少するのかを、数値化することは難しいのですが、参考になりそうな資料を探している最中。

※エキス末の商品は、除去するため状況が異なる。

乾燥粉末のデメリットとメリット

熱を加えると栄養素が減少するという、デメリットはすでにお伝えしましたが、他にもデメリットがあります。

3つのデメリット

  • 栄養素の種類により、減少するものがある
  • 噛んで飲むことができない
  • 風味と味が劣化する

3つのメリット

  • 賞味期限が長くなる(1~2年)
  • 持ち運びが可能になる
  • 量を多く摂りやすくなる

1.  賞味期限が長くなる

生野菜の1番のデメリットは「賞味期限が短い」ことです。

種類や季節にもよりますが、葉っぱ系なら冷蔵庫に入れても一週間程度。

日にちが長くなればなるほど、水分でベタベタになったり、クタっとしてきちゃいますよね。

しかし乾燥させることによって、このデメリットを解消し、賞味期限1~2年と長くすることができます。

2. 持ち運びが可能になる

野菜はだいたい90%が水分で、10%が固形分。

ずっしり重たい白菜も実は、90%が水分だから重たい。

水分を飛ばすと、約10分の1まで重みを減らせます。

そうなると持ち運びが容易なんです。

健康道場 粉末青汁(サンスター)は量が多くサラダ替わりになる

この画像は野菜の種類こそ違いますが、お互いを「水分を含んだ生の状態」か「乾燥粉末」にすると、ほぼ同じ重さになります。

僕は出張の時に、青汁の個包装をいくつかカバンに入れて出かけます。

でもカバンに生サラダを入れて、出張に行く人はなかなかいませんよね。
特に暑い夏は、腐ってしまうリスクもあるので…

これは消費者だけでなく、加工をする工場などでも「鮮度の維持」を気にしなくていいため、重宝されています。

3. 量を多く摂りやすくなる

健康道場 粉末青汁(サンスター)はサラダ100g相当

サラダと粉末の皿は、どちらの方がより頑張らなくても食べる(飲む)ことができると思いますか?

ほとんどの人が右の粉末の皿を選ぶと思います。

水分を減らすことにより、重さだけでなく「嵩(かさ)も減らす」ことができるんです。

僕はレタスのサラダが好きなのですが、1食で画像のサラダ(約100g)を食べるのはけっこうしんどいです。

顎は疲れるし、寒い冬だと余計に食べることがつらく感じます。

しかし粉末の方であれば、コップ1杯の水に溶かせば、さっと飲むことが可能。

まとめ:「青汁は栄養素によって減少しているものがある」が正解

少し極端な例ですが、白菜を食べる時に、「熱を加えると栄養素が減るから生で食べる」なんて人はいないと思います。

白菜なら「茹でる」が中心になると思いますが、熱を加えることに抵抗はありませんよね。

青汁も同じ考え方で、「飲みやすさ」「賞味期限が長い」などメリットに目を向けるべきです。

栄養素の量がどうしても気になるのであれば、「量が多い青汁」を選べば問題は一気に解決します。