高い青汁と安い青汁の違いは「原材料にあり(付加価値による多機能)」

青汁は安い商品で1箱1,000円、高い商品だと5,000円以上の商品もあります。

同じ青汁でもこれだけの価格差があると、「ぼったくり価格じゃないの?」と心配になってしまいますよね。

そこでサプリ商品開発の元プロが、「高い青汁と安い青汁の違い」を解説します。

価格差を商品比較で解説「違いは2つ」

高い安いをわかりやすく比較できるように、人気の青汁2商品で比較。

  • 安くてコスパがいい山本漢方の「大麦若葉100%」
  • 多機能で付加価値が高いサントリーの「極の青汁」

基本的な商品スペック

商品名 大麦若葉100%スティック 極の青汁
商品画像 山本漢方の青汁はコスパがいい
会社名 山本漢方 サントリー
原材料 大麦若葉のみ 大麦若葉末(国内製造)、マルチトール、フラクトオリゴ糖ガラクトマンナン(食物繊維)明日葉末、抹茶煎茶酵素処理ルチン
1包の内容量 3g 3.3g
入数 88包 90包
価格 約2,500円 約8,900円

基本的な商品スペックで、サントリーの青汁の方が多い項目は

  • 原材料の種類数
  • 1包の内容量
  • 入数
  • 価格

の4つです。

この中で価格の違いを生む項目は、

  • 原材料の種類数
  • 1箱の総重量(1包の内容量×入数)

の2つ。

① 原料の「産地」と「種類数」の影響が大きい

商品名 大麦若葉100% 極の青汁
商品画像 山本漢方の青汁はコスパがいい
青汁原料の産地 中国(大麦若葉) 熊本県阿蘇など(大麦若葉)
屋久島など(明日葉)
期待したい原料 大麦若葉のみ 大麦若葉フラクトオリゴ糖ガラクトマンナン明日葉酵素処理ルチン
味の調整 なし 抹茶煎茶

産地は「国産原料の方が高い」

サプリの原料は1kgあたりいくらで取引されていますが、「国産の青汁原料は中国産の青汁原料よりも約2~3倍高い」です。

また産地を指定(例:熊本県阿蘇産のみ)すると、国産(日本全国どこの産地でもOK)よりも少し割高になる傾向があります。

これは天候の問題などにより、不作だった時に対応するための「リスク管理」と「商品の原価を一定のコストに抑える」などの目的があります。

原料の「種類数」が多いと価格が高くなる傾向あり

大麦若葉の原料は1kg:数千円ですが、例えば「ヒアルロン酸は1kg:100,000円」など、原料により単価が大きく異なります。

サントリーの極の青汁の場合ですと、「酵素処理ルチン」が高価で、おそらく1kg:数万円します。

原料の種類数が多い=高い青汁と断言できませんが、原料の種類数が多い青汁≒高い青汁、になる傾向があります。

原料の種類数が多い青汁は、付加価値を高める狙いがある青汁が多いため、その分高価な原料を配合します。
そのため、商品価格が高い青汁が多くなります。

味の調整は少し影響あり

大麦若葉は、比較的飲みやすい青汁原料です。

サントリーは味にも付加価値をつけており、抹茶と煎茶を配合し、より飲みやすく仕上げています。

そのため原価ベースで考えると、ほんの僅かだけコストが高くなります。

② 1箱の総重量が多いほど価格は高くなる

商品名 大麦若葉100% 極の青汁
商品画像 山本漢方の青汁はコスパがいい
会社名 山本漢方 サントリー
内容量 3g 3.3g
入数 88包 90包
総重量 264g 297g

山本漢方の青汁とサントリーの青汁は方向性が真逆なため、総重量の比較は少しわかりづらいです。

仮に同じスペックの商品だった時に、総重量が多い方が価格は高くなります。

例えばコーラ350ml缶と500mlペットボトルなら、量が多い500mlペットボトルの方が価格が高くなると、同じことです。

高い青汁=栄養価が高い訳ではない

「高い青汁=栄養価が高い」と思っているかもしれませんが、栄養素の種類によっては含有量が少ない成分もあります。

青汁で1番期待できる栄養素は「食物繊維」と「ビタミンK」。

しかし、「食物繊維」と「ビタミンK」は価格が安い山本漢方の方が多い

商品名 大麦若葉100% 極の青汁
商品画像 山本漢方の青汁はコスパがいい
食物繊維 0.9~1.5g 0.96g
ビタミンC 1.2~10.3mg 4.09~14.3mg
ビタミンK 67μg~151μg 5.15~70.6μg
ケルセチン配糖体 未配合 18mg
フラクトオリゴ糖 未配合 334mg

山本漢方の青汁の方が多い栄養素

  • 食物繊維
  • ビタミンK

サントリーの青汁の方が多い栄養素

  • ビタミンC
  • ケルセチン配糖体
  • フラクトオリゴ糖

サントリーの青汁は、長所を強めた商品設計

サントリーの方が「食物繊維」と「ビタミンK」が少ない理由は、「大麦若葉の配合量が山本漢方の方が多い」からです。

商品 山本漢方 サントリー
大麦若葉の配合量 3g ※1g前後

※サントリーの大麦若葉配合量は予測値

サントリーの青汁は「食物繊維」と「ビタミンK」よりも、「ケルセチン配糖体」を重視した商品設計になっています。

そのため青汁と表現するよりも、「ケルセチン配糖体配合の青汁風サプリ」と表現しても間違いではなく、「付加価値がある多機能青汁」になります。

サントリーの青汁のように、価格が高い青汁は「特徴的な栄養成分を強化」「青汁の配合量はそこそこ」で、青汁風サプリという傾向が高い商品が多いです。

まとめ:「個人的なおすすめは価格が安いシンプルな青汁」

  • 価格が高い青汁は複数の原料が配合されており、色々な栄養成分が含まれている(付加価値のある多機能青汁)
  • 安い青汁は原料100%でシンプル(単機能)

青汁を初めて買う人におすすめは「価格が安いシンプルな青汁」です。

その理由は、「青汁=野菜不足を補う」目的で飲む人が多いため、価格が安いシンプルな青汁の方が目的にぴったり。

高い青汁は付加価値があるのは事実ですが、「自分に合った栄養素を吟味し商品を選ぶ必要がある」ため、初めて青汁を飲む人にはハードルが高い商品です。

本来はここに「宣伝広告費」や「粗利益の割合」などを含みますが、今回は商品設計の「原材料」を中心に比較解説しました。