きわみ青汁(スギ薬局)の味

青汁は、「粒と粉のどっちの方がお得なのかな?」と気になったあなたに、形状別の青汁価格情報を紹介します。

おすすめの形状は「粉末(顆粒)」が「個包装(分包)」になっている青汁です。

形状の種類

まず形状と包装形態の種類ですが、おおまかに分けると青汁には下記の種類があります。

形状 個包装 包装形態
1. 乾燥粉末 なし そのまま袋詰め
2. 顆粒 なし そのまま袋詰め
3. 顆粒 分包 分包を箱に詰める
4. 打錠 なし 袋or瓶に詰める
5. 打錠 分包 分包を箱に詰める

青汁でもっとも多い種類は、3.の「顆粒・分包・箱詰め」。

サンスターの粉末青汁は個包装

こんな感じで、1包に青汁が小分けになっているタイプが主流。

逆に珍しいタイプは、粉をそのまま袋詰めしたタイプ。

乾燥粉末を袋詰めした青汁

粉末と顆粒の違い

粉末と顆粒は、大きく分けると「同じ粉末」です。

しかし顆粒は、粉末同士をくっつけて、本当に小さな粒状になっているもの。

コーヒー 顆粒

画像はコーヒーの顆粒で、見たことがある人が多いと思います。

これは極端な例ですが、実際の青汁顆粒はもっともっと小さな顆粒で、目では判断できない小さな顆粒です。

顆粒にする理由は、「粉飛びを防ぐ」「溶けやすくする」ため。

青汁の粉末は商品により違いますが、50μm~200μmほどの大きさのため、「非常に粉が飛び散りやすい」です。

基本的には、乾燥粉末の状態では、個包装にすることが難しいため、造粒し「顆粒」化されている青汁が多い傾向にあります。

「顆粒・分包・箱詰め」を100%とした時の価格差

「商品開発員としての手計算」と「遠藤青汁の実例」の、2パターンで価格差を検証します。

手計算

手元にあるデータで完全に同一条件なものがないため、条件が近いもの同士を比較しています。
※数字はかなりざくっとしたもので、正確な数字ではありません。箱と袋は形状に合わせて選んでいる。

番号は、最初に紹介した表の数字を採用。

種類 パーセント
1. 乾燥粉末、袋詰め 50~60%
2. 顆粒、袋詰め 70~80%
4. 打錠、袋詰め 80~90%
3. 顆粒、分包、箱詰め 100%
5. 打錠、分包、箱詰め 105~115%

商品の実例「遠藤青字」

顆粒(分包)は総重量が90gのため、他商品と合わせた200gで表示(カッコ書き内が90g本来の数字)。

形状 総重量 価格 パーセント
粉末 200g 3,240円 57.9%
顆粒(分包) 200g
(90g)
5,600円
(2,520円)
100%
打錠(プラケース) 200g 5,832円 104.1%

価格差のまとめ

手計算は悪くない数字なのですが、遠藤青汁の「打錠(プラケース)=打錠、袋詰め」の数字の差が約19%。

これは製造ロットによる影響が大きいと思います。

たくさん作ることにより、青汁を成形するコストが安くなります。

そのため数字差の原因は、「遠藤青汁の打錠が割高目で製造されている or 手計算に誤りがある可能性」の2点です。
※現在、現役の原価担当者に確認中。

青汁として流通しているのは、「顆粒、分包、箱詰め」が約90%程度。

残りは、「打錠、分包、箱詰め」と「乾燥粉末、袋詰め」で約10%程度だと思います。

基本的には「乾燥粉末をそのまま袋詰めにした商品がもっともお得」。

しかし「粉が飛び散る」、開封するたびに菌や水分が混入し「衛生管理に気をつける必要がある」。

そのため主流になっている、「顆粒、分包、箱詰め」がおすすめ。

サンスターの粉末青汁は個包装

顆粒、分包、箱詰めのメリット

1番のメリットは、「粉が飛ばないで、さっと溶けおいしく飲める」こと。

乾燥粉末でも味は変わりませんが、水に溶かした時に「粉々しく」感じます。

顆粒品でも粉々しさは多少残りますが、水にきれい溶けやすくなっている点がメリット。

※商品によって顆粒の大きさが異なり、粉末に近い顆粒もあり。

顆粒と打錠の違い

  • 顆粒:青汁の味を楽しむ(野菜が好きな人向き)
  • 打錠:青汁の味を楽しまず飲み込む(青汁が苦手な人向き)

顆粒と打錠は、大きな価格差はありませんが一番の違いが「味」。

顆粒品は、水や牛乳に溶かして「青汁の味を楽しむ」ことができます。

一方、打錠品は粒をそのまま飲み込むだけのため、味を楽しめません。

青野菜の癖が苦手な人は、打錠の方がおすすめです。

まとめ「価格差よりも好みで選ぶと自分にあった青汁を見つけられる」

顆粒、打錠と形状により多少の価格差はあります。

しかし価格以上に、まず自分が「青汁が好きなのか?嫌いなのか?」で、自分に合った形状を選ぶことがおすすめです。

青汁を買ったものの飲まないで、賞味期限が過ぎ捨ててしまった…なんてもったいない話は意外と多くある事実です。

僕は青汁の苦味が好きなので、顆粒100%品を選んでいます。